1. 動物の栄養
  2. 課題
  3. 幼獣の栄養

免疫サポートを通じて幼獣期の課題を克服する

家畜の出生時から能力を確保する

幼獣は十分な免疫保護がないままで生まれます。生後数日間の免疫サポートは、スムーズな発育に不可欠です。

headervisual young animal nutrition

健全な発育のための栄養
__________

家畜の胎児では、母体の胎盤構造を考えると、子宮内での抗体の移行は出来ません。

良好な状態で生まれても、幼獣はまだ未成熟な免疫システムのために困難な日々に直面します。これらの家畜にとって、特に生後直ぐが重要です。免疫力のギャップと栄養素の不足は、死亡率と腸の問題につながる可能性があり、生涯の能力に悪影響を与える可能性があります。疾病リスクを減らし、腸管の発達をサポートするための対策を立てる必要があります。健全な発育を確実にするために、この段階で受動免疫を付与することが重要です。

畜種別解決策

子豚

icon piglets

詳しくは

子牛

icon calves

詳しくは

生産性を上げるための重要な対策

幼獣期のリスクを軽減する

幼獣では、下痢、飼料や水分摂取量の減少などの衰弱の兆候が発達に影響を及ぼし、その後の生産の収益性に影響を与える可能性があります。

効果的な対策

ストレスの予防策は、幼獣の腸管免疫を高めることです。製品、農場での専門家によるコンサルティングと良い農場管理を組み合わせることで、困難な時期の家畜に支援を提供します。

なぜ私たちの対策を選ぶのですか?

私たちのプログラムは、新生時の課題だけでなく、家畜の免疫及び消化機能の成熟までを対象としています。特に飼料摂取量、消化能力、飲水などの問題に焦点を当てています。

幼獣期の栄養対策:あなたのために効果的な解決策。

調べる

イーダブルニュートリションは、幼獣期の栄養に関する多様なニーズを対象としたプログラムを提供します。

幼獣の栄養対策

家畜の能力を高く保つための提案を入手してください

minimize

ご存知ですか?
__________

新生豚は母豚の初乳からの免疫グロブリンを吸収する腸の能力が急速に低下します。生後わずか12時間で、免疫グロブリンを25%しか吸収できなくなります。

研究によると、家畜への早期の環境微生物の曝露により、新生獣の腸内細菌叢にプラスの影響を及ぼし、より強力な免疫システムにつながる可能性があることが示されています。

ヒトは体脂肪率が15%で生まれますが、子牛はわずか2.8%です。 しかし、牛の初乳には、適切なエネルギー増強のために通常の牛乳の2倍のカロリーが含まれています。

幼獣の栄養についてもっと読む

見つかりませんでした。
What can nutritionists do to balance formulation costs & effectiveness?Read more